借金の返済はなかなか終わらないようになっている?

・返済が終わらないのは錯覚じゃない

クレジットカードで20万円ほどする物を買った時、リボルビング払いを選ぶとなかなか返済が終わらないと思ったことはありませんか?毎月1万円返済のリボルビング払いだと、20回は無理でも21程度で終わると思いたくなりますが、実際には24回ぐらいはかかるでしょう。

これはリボルビング払いという返済方法そのものに原因があります。

・返済が終わらないようにされていた?

ほとんどのリボルビング払いでは「元利均等方式」となっています。元利均等法式では利息分から先に返済していきます。そのため、返し始めのうちはあまり元本が減りません。さらに、日本では借金の金利計算方法は複利計算です。複利では利息は元本に対してかかるので、元本が減りにくい定額リボルビング方式ではなかなか返済が終わらないという感覚になるわけです。

利息がかかる借金を早く減らすためには返し始めに元本を大きく減らすことが大事なのですが、リボルビング払いでは元本が減りにくくなっているのです。

・金融機関だって儲けたい

なぜこんな方式が利用されているかと言えば、ローン会社は金利で儲けているためです。返済期間が長ければ長いほど、返済総額は増えます。増えた分は何かと言うと利息分です。返済期間を長くするリスクを犯す代わりに利息で収入を得ようというわけです。

ただ、リボルビング方式には返済が楽になるというメリットがあります。毎月決まった請求額となるので生活設計が立てやすくなります。

審査の早いカードローンはこちら

関連記事

    借金の審査時に「無担保」ってどういうことでしょう?

    日本では「カードローン」という言葉は、「無担保貸付でカードを主体的に利用する形態のローン」と言い換えられます。それでは「無担保である」とはどういうでしょう。カードローンにおける「無担保」について解説します。 記事を読む

    借金にかかる「金利」っていったいなんでしょう?

    「金利」という言葉をよく聞きますが、借りたものには利息がつくのは当たり前、というところで思考停止してしまってその理由については深く考えたことが無いという人が多いのではないかと思います。そこで金利についての考え方を解説します。 記事を読む

    借金するのに便利すぎるのが現代社会なのです

    カードローンに限らず、気軽にお金を借りる事ができる環境が整っているのが現代社会です。思っているよりいとも簡単に多重債務者になることが出来てしまうほど簡単に借りられます。便利すぎることでどんな点に注意すればよいのでしょう? 記事を読む

    借金の申し込み時に審査で落とされる本当の理由

    借金の申し込みの時に一番気がかりなのは、やっぱり審査に通るかどうかということでしょう。借入があると落ちる、いっぺんに複数申し込むと落ちるなど、世間一般で言われている審査に関するうわさや審査のポイントなどについて解説します。 記事を読む

    借金をするうえで持っておきたい心構えとは

    「カードローンを使う」ということは「借金する」ということです。横文字を使ったり、申し込みから契約までネットで完結してしまうのでこの意識が希薄になりがち。借金するという意識を失わずに済むようにするために気をつけておきたいポイントを考えてみます。 記事を読む

    借金の返済方法には何通りかの種類があるんです

    クレジットカードやカードローンなどで借入を行ったあとの返済方式には何通りかあるのです。それぞれ毎月の返済金額や、返済総額などが異なってきます。それぞれの返済方式の特徴や利用上の注意点などを解説します。 記事を読む

    借金の金利が”複利”であるということの意味

    カードローンやキャッシングに限らず、日本における借金のほとんどが複利方式です。複利方式ならではの特徴を知っておかないと、借金はなかなか減りません。複利方式とはどんなもので、どんな特徴があるのか解説します。 記事を読む

    借金を複数の会社からしている時に気をつけたいこと

    カードローンは、特に使う用など無い時に何枚も作っておいて、後でまとめて借り入れるといったことが出来てしまいます。当然、月々の返済額も嵩んできますが、それよりも恐ろしい事実があります。借金に必ず付きまとう金利の特性について解説します。 記事を読む

    借金がこれ以上できなくなったらどうなるのか

    いくつかのカードローンから限度額いっぱいまで借りてしまうことは、カードを持っていれば簡単に出来てしまいます。もし年収の何倍ものお金を借りてしまって、返済が出来なくなった場合はどうしたらよいのでしょうか? 記事を読む

このページの先頭へ