>>審査の早いカードローンはこちら

借金の申し込み時に審査で落とされる本当の理由

・審査することの意味

住宅ローンやカードローン、クレジットサービスなど、借金は申し込んだら必ず利用できるわけではないことはご存知かと思います。借金に限らず、他人に何かを貸すときには、相手に対する信用がないと貸せないものです。貸したものを返してくれない人には、何も貸したくないでしょう。それは金融機関にとっても同じです。

審査で落ちることがあるなど、会社員が長い方には想像しにくいかも知れません。

お金を貸す立場の金融機関にとって、貸す相手に対する信用とは何でしょう?それは「返す能力がある」こと、そして「返す意思がある」ことです。

審査とは、この2つを調査することに他なりません。

・何を審査している?

まず、「返す能力」ですが、これは「収入や財産があるか」、ということになります。会社員の方が滅多に審査に落ちないのは、毎月収入が入ることがほぼ保証されているからです。だから社会的にも会社員の信用度は高いため、審査を通過することが出来るわけです。

他社借入が多ければ多いほど、審査にも通らなくなるというのは事実です。他社から借入が多ければ、貸付を行っても自分の会社に返済してくれる確率は下がります。収入があっても全部他社への返済に回されてしまうかも知れないからです。

そして、「返す意思」ですが、これは調べる方も難しいのですが、過去に返済が滞ったことがないかを調べます。返済が滞りがちな人は、しっかりと返済する意思を示していない、というわけです。

・審査結果からわかること

審査が通ったあとでも、借りた方への信頼度は、その人によって違います。それが分かるのが融資額と金利です。融資額が申込額よりも少なければ、「当社のあなたに対する信用度はそこまではないです」と言われているのと同じです。金利は高ければ高いほど、「あなたへの融資はリスクが高いです」と言っているわけです。


このページの先頭へ