>>審査の早いカードローンはこちら

借金にかかる「金利」っていったいなんでしょう?

・金利がかかるということ

借りたものを返すときに、「利子を付けて返す」とよく言います。貸してもらったのだからそのお礼として付ける、という意味合いもあります。ですが、金融機関などから借金したときにも自動的に利子がかかります。金利が「お礼」だったら、断りなくお礼を取るのはどうだろうと思われるかも知れません。

利子、利息、金利。呼び方はいろいろですが、お金を借りたり貸したりした時に借りた額より多めにして返したり返してもらったりします。その「多め」の分をこうした言葉で呼びます。

金融機関では「利息」を使い、公的機関では「金利」を使います。日常会話ではどれもよく使うのですが、「利子」だけは日常会話でのみ使われる言葉のようです。

・金利とは

金利とは、お金の使用料です。お金に料金がかかるというのは違和感があるかも知れませんが、お金を貸す側にとっては貸している間はそのお金が使えません。そのお金があれば出来たはずの事ができない「機会損失」となるのです。そのための対価として、金利をかけるのです。

お金が使えない期間が長ければ長いほど、金額が大きければ大きいほど、機械損失の確率も損失した際の金額も高くなります。ですから期間や貸付額に応じた金利が借りたお金にはかかるというわけです。


このページの先頭へ