審査の早いカードローンはこちら

借金がこれ以上できなくなったらどうなるのか

・借り過ぎOK?

カードローンはその気になれば何枚でも発行できる上、銀行カードローンであれば総量規制の対象外となるため、全てのカードの限度額まで借り入れることが出来てしまいます。ですが、そんなことをすればあっという間に返済が滞ってしまうことでしょう。

そのような場合にはどうすべきなのでしょう?

「自己破産すれば借金はなくなる」などとよく言われますが、決してそんなに簡単なことはありません。

・そんなに甘くはないのです

借金を帳消しにしてもらうことを「債務免除」と呼びます。債務免除が適用されるのは借金した本人が死亡してしまい、連帯保証人もいない場合や、収入を得られないほどの障害が残る病気や事故などのときなどです。その場合、親族がカードローンの会社に申請すれば認められるでしょう。しかし、それでは元も子もありません。

・手はたくさんある

返済できないことがわかった時には、カードローン会社に相談します。「こういう条件なら返済できる」といった対応策が取れるのなら、返済猶予や返済方法を変えてくれる可能性はあります。そういった人向けのローンを用意している会社もあります。同系列のクレジットカードなどを持っていても、使えなくなることも無く、借り換えが出来ることもあります。

また、おまとめローンなどに借り換えることも検討します。おまとめローンは限度額が高めで金利は低目に設定されている上、返済が一本化されるため、月々の返済額を圧縮する効果もあります。

それらの手が使えないときに初めて裁判所や弁護士のお世話になることになります。

最終的に自己破産せざるを得ないとしても、資産は全て差し押さえられることになりますので、手放せるものがあるなら裁判所に駆け込む前に売却して返済に充てるべきではないでしょうか。


このページの先頭へ